注意:この記事は、はてなブログ「ふらふら」のハンドルネームで書いていた時代の記事です。

どうもアイゼンコインの情報が少なくて「これは需要があるんじゃないか」と思い立ちブログを書くことにしました。

よろしくお願いします。

また差別化としまして

知り合いづてで、ほかでは拾えないような情報も盛り込んでいけたらなぁと思います。

■アイゼンコインとは

その名の通り「愛」と「善」から来ているらしく、日本人が考案したものです。

このコインで何をするかというと

「仮想通貨で現実世界の支払いができる」
「当選確率の高い宝くじが買えたり、オンラインカジノに参加できる」
「ネットの支払いにアイゼンが使える」

といったことを実現するそうです。

詳しく説明します。

①「仮想通貨で現実世界の支払いができる」

アイゼンをドルに変換してチャージできる「カード」の発行がすでに決定してます。

ブランドはマスターカードです。

皆さんご存知の世界2位のシェアです。

つまり世界中どこでも使えるということです。

繰り返しになりますが決定しています。

これはものすごいことです。

②「当選確率の高い宝くじが買えたり、オンラインカジノに参加できる」

なぜ当選確率が高いのか?

それはアイゼンが使っている「スマートコントラクト技術」には中間搾取がないからです。

たとえば日本の宝くじはどうでしょう?

54%が販売に関わる手数料や税金で取られていき、残りの46%が当選金に当てられるわけです。少ないですね。

国外はどうか?

これは不正の温床です。

発展途上国でも一発当てようと宝くじは盛んですが、残念ながら不正だらけです。

ですが、スマートコントラクトはそのすべてを解消します。

→まずスマートコントラクトは「不正ができません」

原理上、絶対に不可能なのです。

詳しくは検索なさってください。

すぐに理解頂けると思います。

だから国外でアイゼンを使った宝くじはドンドン採用されます。

→つぎにスマートコントラクトは「中間搾取がありません」

日本だと手数料54%とられますが、アイゼンだと0.1%と掛からないことでしょう。

人の手がほとんど介在しないからです。

これもアイゼンにインプットされた仕組みが自動で回るからです。

当選確率はどれくらい高く設定するつもりなのか?

数千人に1人くらいだそうです。

当選金額はどれくらいに設定するつもりなのか?

最高で数千万円くらいだそうです。

  • ジャンボ宝くじは1等1000万分の1で1億円
  • アイゼン宝くじは1等5000分の1で5千万円

だとしましょう

  • ジャンボ宝くじは10000000回に1回当選するし
  • アイゼン宝くじは5000回に1回当選する

ということです

違いは歴然ですよね?

「そんな確率で数千万円が当たるならみんなするよ」

そうです。間違いなくみんなします。

おかしいと思うなら宝くじに人件費手数料が一切かからないと仮定して計算してみてください。

はっきり言って日本のジャンボ宝くじは国家詐欺レベルだと私は思ってます。すすんで納税お疲れ様ですとしか言いようがありません。CMと、全国の売店設置で何十億円かけてるんでしょうか?

③「ネットの支払いにアイゼンが使える」

これも契約が完了している話になります。

ネットショッピングでも利用できることが決定しています。

それがどこかは、まだ言えないそうです。

ですが私はかなり期待を持った見方をしています。

ちなみに株でも何でもそうですが、正式発表前に「どこで使える」という情報は出回りません。漏らせば契約違反になり契約解消だって全然あります。これは世界の常識です。

次回は「アイゼンコインの販売計画」についてお話します

お楽しみに

アイゼン情報に飢えてますか?
ライン@は

LINE Add Friend

こちら