XAZが約33億枚バーン(消滅)されました。

イーサスキャン
https://etherscan.io/token/0xab22fd25ddbbb9c3d2c2ced0fd20e3f2bbb932bc

バーン自体はXAZの
価値上昇にもつながって
すばらしく良いことなんだけど

いかんせん消滅したXAZは『本来、誰かが受け取るはずだったXAZ』なんだよね。

この33億枚のXAZは
誰かが「お金を払って」購入してる。

それが
3.3億円のお金を払ったのか
33億円のお金を払ったのかは
分からないけど

とにかく人の金であることに
間違いはなく…

バーンする前に、
全力で配りきる努力をしたの?
って言うと、まあしてないよね。

マイグレーション期間は合計わずか1ヶ月半。

その間に送られたのは英文のメールだけ。。

「伝わらないのは紹介者の責任です!」って
理屈はすこし合ってるよ。

けど、肝心の紹介者が、
情報取得をサボっていたら?

その下にいる10人、100人の子羊は
マイグレーションなんて知らずに
上場後の価格上昇を夢見て、
忙しくお仕事をしているかもしれない。

「それも含めて自己責任です!あなた不勉強ですね!」って言うのかな?

勉強会に参加していて不勉強とは一体・・・

そりゃ確かに
お金を投げたのはその人自身だよ。

しかし、
いくら自己責任とはいえ
血も涙も無いよね。

いったい何人が
申請漏れしてるんだろうね?

たとえばパトロンコインは
Ver1.0→2.0にコインが変わるんだけど、スワップ受付期間は4月〜10月と
だいぶ期間を設けてる。

最大5000人くらい申請漏れしてません?

5000人は言い過ぎかもしれないけど、
こんな試算をしてみました。

ウォレットにXAZが入ってるアドレスは、世界で10341アドレス存在します。

いっぽうアイゼン側の話によるとアイゼン購入者は15000〜18000人。

単純計算で5000〜8000人が申請してないことになるね。

これは言い過ぎかな?

じゃあ複数アカウントで購入した人がXAZ受け取り後、保有XAZを1つのウォレットに統合していたとしましょう。

複数アカウントが全体の1割いたとします。

さらにXAZを全額手放した人が、1割いたとします。

さらにさらに、XAZを新規で購入した人は0人とします。

これだけ甘めに見積もっても

約3000〜6000人分くらい「申請してない人」がいるような気がしてなりませんね・・・。どうなってんだマジで・・・。

3000人のXAZを闇に葬ったアイゼンの経営手腕を、キミはどう評価する!?