アイゼン推しのふらふらです。

前回は「アイゼンの価格が下がりづらい根拠」として、大口よりも私たち小口投資家を優遇しているというお話をしました。

今回は「優遇とは具体的に何なのか」と「大口は本当に参入しないのか」という点についてお話します。

小口投資家への優遇とは

これは簡単なことで「0.1円~0.5円で買える権利」といってもいいでしょう。
大口はICO~上場後からしか参入できません。そのころには2円~10円?です。

あとはコアメンバーとセミナーで直接話せることなどでしょうか。

アイゼンはまだプレ2期です。初期段階です。

東京ではすでにセミナー100名規模ですが、ほかの開催地ではまだ数十名規模です。マイクすらいりません。

じきに会場が大きくなって、登壇者(スピーカー・コアメンバー)の顔が豆つぶみたいに小さくなると思います。生の声からマイク越しの声に切り替わるのも、もうじきです。

この時期に知れたのはチャンスです。

大口資本は本当に参入しないのか

先ほど「大口には参入させない」と言いましたが、ではたくさんの私たち小口資本家だけでアイゼンは支えられているのか?というとそれも少し違います。

なぜなら大企業はアイゼンプロジェクトと契約・提携をするという形でちゃんと実現されているからです。

これら情報は「最高のタイミングで発表」がなされるはずです。

もしも0.2円のうちに発表されたら0.2円売り分がすぐに無くなってしまうかもしれません。私も買い増すべきなんでしょうが、資金が用意できるか難しいところです。

おわりに

以上のとおり、アイゼンにはちゃんと大口よりも小口の投資家を優遇する明確な理由があるし、バランスも取っているわけですね。

アイゼン以外にも、ちゃんとコンプライアンスに則ったICOをしているところは、一人2000ドル規制とか5イーサ規制とかしています。調べてみてください。

そうだ、ひとつ思い出しましたが。

「もちろん上場後はその限りではありません」

買いたくても買えなかった大口資本家たちがこぞって買いに走り、価格はつり上がる一方かもしれません。ありえるシナリオです。

→関連記事

aizen.hatenablog.jp

↑の記事に書いたとおり、このシナリオで一儲けしようと思っています。乗り遅れないよう、ぜひご一読ください。

次回は「アイゼンの掲げる大きな目標」についてです。私しか書いてない情報です。
それでは。



追記:ここまで読んで頂いた「あなた限定」の特別オファー

アイゼンコイン推進委員会は今後、アイゼン情報サイト「アイゼン・ナウ」とゆるく統合していくことになりました。

そして、今後のLINE@でのサポートもすべてアイゼン・ナウに統合いたします。

でもどうかご安心ください、中の人は同じです。

無料のはてなブログからSSL(情報保護)対応の有料ブログに移行するだけです。

サイトも一新して、購入者特典も7つと、めちゃくちゃパワーアップしてますので一度ご覧になってください。

こちらのLINE@へ移行をなにとぞお願いします。1タップで完了です。

友だち追加

アイゼン・ナウのサイトはこちらです

もちろんサポートも継続しておりますので、ご安心ください。

いつもご覧いただいてありがとう。

最後に、私の好きなDMMグループの創業者・亀山さんの、この言葉で締めくくります。

人生はどのみち、どっかで結論を出さなきゃいけないわけよ。「今ここで決断しろ」ってことがあるわけで、待ってくれないからさ。目一杯頭を働かせて、とりあえず意思を示せ。保留はだめよ

http://logmi.jp/149682