先回り謝罪をいたします。

先日、リョウのLINE@の

Stingっていうスティッチのアイコンと
リョウが個別チャットしてる内容
が、
どこかのラインに転載されました。

内容は以下の通りです。(原文どおり)

Sting氏:
教えてください。アイゼンコインについてですが「17億〜20億円を集め終えたらマーケティング的には 十分」、「アイゼンのプレセール販売枚数は150億~180億枚」とポータルサイトに書かれてますが、まったく金額合わないですが、どおいう計算なんでしょうか?
リョウ:
すてぃんぐさんこんちはー!ブログ読んでいただいてありがとうございます、りょうです
リョウ:
アイゼンのプレセールは、 0。1円スタートだからなんですよね
0。1円のときに1億円売れたとき、出て行くアイゼンの数量は10億枚になります

あれ、、でもたしかに0。1円で200億枚うれても、ようやく20億円か・・・
若干数があわねぇなぁ!!

Sting氏:
2期までは完売、0.1円が予定枚数を超えたので2期で調整して、2期までで13億円。3期以降は開発者のセミナーで集計が終わっていないと説明。スタッフからは3、4期とも完売まじかとの案内。3、4期完売なら3、4期だけで75億円のはず。実際集まった金額は不明。完売まじかなら少なく見積もってもⅠから4期で70から80億程度の資金調達があるはずだけど、どうも3,4期の売れ行きは思ったほど伸びてないというのが実態では?
リョウ:
ほむほむ! そうやね、まず、スタッフの言う「売り切れ間近」は購入を急がせる常套句だから、信頼度0でいいと思う。俺が言うのもなんやけど。。。
リョウ:
試算すると・・
0.1jpy 50億xaz = 5億円
0.2jpy 40億xaz = 8億円ここまで整合性とれてる
0.3jpy 10億xaz = 3.3億円
0.5jpy 5億xaz = 2.5億円
1.0jpy 5億xaz = 5億円合計23.8億円20億こえたとは小野寺さんの口から聞いてないから、これでもちょいオーバーだな
Sting氏:これでは、買い支えは厳しそう?
リョウ:
いやね、買い支えの資金って、別にユーザーから預かったお金だけじゃないんだよねー
全部うのみにするのはもちろん、おかしいけど
言うてることどおりなら、
小野寺さんはFX会社や何やで資産は貯めてるし イーサ9000円のときに超絶買い増ししてるし リップル0.16円のときから1000万円保有してるし となるとそれなりの私財を捻出できる・・・
Sting氏:
関連企業割当もあるとは、スタッフからも聞いたけど、はっきりした数字は言わず個人投資家含めて20億以上とだけ。
1期セール予定枚数超えたと言うことなので、60億アイゼンが個人投資家に渡ってるとして、この1/3が上場と同時に2円で利確すると、それだけでは40億の持ち出しになる。20億のプライベートセールで1期の0.1円購入者の1/3だけの数字で、これで
2期、3期、4期、の利確があれば小野寺さんの個人資産で賄うつもりがあるか甚だ疑問に思う?
カルダノコインはICOで1期から最終期まで価格にアイゼンコインほど差は無かったし、ICOで60億集めたから、買い支えも出来たと思う。
アイゼンは今年に限って20億を集め、日本最大の案件にはなってるけど、0.1円購入者が大きく占めて、非常に危険な状況は否めないと言うのが冷静な判断だと思います。
リョウ:
おぉ!極めて冷静な判断や・・・!
リョウ:
0.1円購入者は「ある意味、信者なので手放しませんよ!100円まで待っていただく!材料もある!」と小野寺さんが言い続けていることとも、符合するね

以後、返信なし。

その後、Stingという方は
リョウの知らない場所で
「アイゼンは想定どおりに売れていない!詐欺だ!」
のような主旨で騒ぎ、

ミートアップを開催しているスタッフの
総意により、この方を要・警戒人物と認定し

1月27日の東京セミナーでは
小野寺さんを含めたサポーター総員で、
最大限の警戒態勢を取らざるを得なくなりました。

▼リョウの謝罪

まず、リョウが不用意な発言をしたことで

アイゼンを応援してくれている方々

日々、アイゼンのミートアップを開催してくれている先輩方

ひいてはアイゼンプロジェクト

など、関係者の皆様に
多大なるご迷惑をおかけしている最中であることを
心からお詫び申し上げます。

まことに申し訳ございませんでした。

リョウがなぜ「アイゼン下げ」発言をしたか

・売り切れ間近って言葉は信用しなくていいよ
・アイゼンは非常に危険な状況だって?極めて冷静な判断だね

リョウがなぜ、Sting氏に対し
このような「アイゼン下げ」発言をしたか
釈明をいたします。

リョウはSting氏とかいう人の発言に
「同調行為」をいたしました。

Sting氏の「一言目の発言」で
リョウはピンと来たためです。

Sting氏:
教えてください。アイゼンコインについてですが「17億〜20億円を集め終えたらマーケティング的には 十分」、「アイゼンのプレセール販売枚数は150億~180億枚」とポータルサイトに書かれてますが、まったく金額合わないですが、どおいう計算なんでしょうか?

良い意味では「自分の頭で考えている人だな」と思いました。

悪い意味では「なんか..偏った意見を持っていそうな人だな」と直感いたしました。

誤解を恐れずに
とても平たく言うと、

「うんうん、あなたの言うこと、すごく分かります」
「おっしゃる通りですよね!あなたってすごく正しいこと言ってると思う!」

と、Sting氏の持つ意見に全肯定して
とても気持ちよくなっていただこう
という作戦をとりました。

さらに、同調するだけのみならず
「なぜ、あなたの意見が正しいと思うか」を
それなりの根拠・理屈をもって
ご説明いたしました。

なぜなら、こうすることでSting氏は
「やっぱり、僕の意見は正しいんだ!賛同者がいる!」

たいへんいい気持ちで、
今後もリョウの意見を聞いて
もらえるようになるからです。

ある意味これでも、
リョウのファン化ができるってわけです。

(褒められない方法だと思いますよね?その通りです)

なぜ、このような手法を行うか?

それは、
リョウが以前、会社員だったときに
業界最大手のコールセンターで

「クレーム等の電話応対」を4年間
していたときに身に着けたスキルだからです。

「あなたのおっしゃることが、私にはよく伝わります」

「私も同じ立場でしたら、腹が立ってしょうがないと思います」

「あなたのやるせない気持ちが伝わってまいります。ひどいですよね」

「あなたが詐欺まがいだと思っている部分は、具体的にはこういうことですよね?よく分かります」

と、リョウは息を吐くように共感ができます。

※厳密には同調と共感は違いますが、ここでは触れません

しかも、具体性を持って話せば話すほど

電話口の相手は

「うむ、そのとおり。なんだ渡辺ってやつは僕の不満をよーく理解してるじゃあないか。そんなに分かっているなら、そんなところで電話を取るより、うちの会社へ来たらどうだね?」

とクレームがどこかへ
消え去ることがよくあります。

こういうことがあるものですから、
クレームで大激怒のお客様が
変わらずサービスを使い続けてくれて

リョウへ何度もご指名電話をいただくことが
本当によくありました。

ですが今回は、ダメダメでした。
更に炎上案件になりそうです。

この対応が、ラインの個別チャットにも
現れた結果が、今回の不始末です。

大変申し訳ございませんでした。

▼なお、言いたいことは言います

はっきり申し上げます。

・人の善意を悪用する方
・人の個別チャットを、悪意を持って晒す方

リョウの書いているすべてのブログおよび
LINEから今すぐ立ち去ってください。迷惑です

アイゼンナウはありがたいことに
月間3万人以上に見ていただいている
仮想通貨の中堅サイトになりました。

今回のような晒し行為があって
リョウのネームブランドが
失墜いたしますと、

今後、リョウがブログや
YouTubeを通じて紹介する案件にも
影響が出てまいります。

わたしを頼ってPRオファーなどの
仕事をいただくクライアント様に
多大なご迷惑がかかります

仮に
クライアントが炎上を警戒して
リョウとの協業状態から手を引いたとしましょう。

リョウの信用は失墜し、
売上も低下するということです。

売上が低下するということは
現実に損害が出るということです。

つまり、

刑法第234条の威力業務妨害罪に該当する可能性があります。
民法709条の不法行為に該当する可能性があります。

Sting氏は、
その可能性をどうか心に
留めていただきたいと思います。

なんでも言いたいことを言い合えた
LINEではございますが、今後
リョウも注意を払わせていただきます。

リョウ
弁護士保険に加入しておいて本当に良かったです。

追記:

Sting氏がこうなった背景を、伺いました。
どうやらアイゼン(愛善)で
救済したい対象とのことです。

アイゼンプロジェクトは
こういう方たちも内包しているようです。

こういった方たちも、救うだって??

途方もないプロジェクトに、
リョウはめまいがした。